妊娠・出産・産後に関するお役立ち情報は、特に2012年に書いたものが多いため、古くなってくるものもあります。
あくまでご自身のリサーチの出発点として受け取って頂けると幸いです。

2012年2月21日火曜日

「おバカさんのためのブログ攻略法」〜成功するブログの秘訣?!〜

最近、ちょっとブログをがんばっていたの、お気づきの方いらっしゃいました? この新しいサイトに引っ越してきたのも、その一環です。なんで、そんなにがんばっていたか? というと...

以前の投稿でも触れましたが、

  • 出産現場での意思決定に役立つ、エビデンス(科学的根拠)に基づいた医療介入情報(西洋医学、代替医療)を、コクラン・レビューを足がかりに、リサーチしながらまとめていこう

ということがあったからなのです。旧ブログは、どちらかというとドゥーラの活動報告という感じでした。もちろん、ドゥーラとして出産されるカップルを実際にサポートするのも大事ですが、信頼できる出産関連情報を提供していくことも重要と感じています。

そんなこともあり、人に読んでもらえるブログにしていこう! という思いがあって、

「ブログをがんばるってことは...よーし、なるべく更新頻度を上げるぞ!」と思って、この1週間、毎日更新してみました。(毎日って、結構しんどいですね...。)

そして、「Blogging for Dummies」(「おバカさんのためのブログ攻略法」とでも訳しておきましょうか)という本も流し読んでみました。流し読みなりに気づいたことは...

更新は、毎日じゃなくていいということ! 最低、週に2〜3回だそうです。とにかく、読者に来てもらうには、定期的に、ということがポイントらしいですね。ちょっと気が楽になりました。

実は、この1週間毎日更新することで、ちょっと当初の目的からズレたというか、毎日そんな堅い、リサーチが必要なことばかり書いていられない(というか、書けない)ので、他の目的も出てきました。それは...

  • 小さいことでも出産に関するお役立ち情報はどんどん出して行こう

ということでした。でも、これはいいことだと思っています。妊娠サポートグループでよく質問されることや、大事だと思うこと、さらには勉強不足なことも、まとめて行きたいなぁと思っています。

あとは、まぁ、もっと気楽に、ふと感じたこととか、できないかもしれないけどやってみたいこととか、も書いていけばいいんですよね。

文章スタイルについても気づかされたことがあります。それは、文章は自己の鏡。どういう風に自分を見てもらいたいのか、ということを考えることです。

自分で言うのも何ですが...

雪国育ち、わりと真面目なんですよね(←雪国育ちと真面目さの関連性、科学的根拠一切なし!)。とにかく、文章が堅くなる傾向があります。よく科学技術系の論文を翻訳(日→英)しているのも影響しているかもしれません。

まぁ、ブログの目標からすると、真面目な感じの時があってもいいのかなぁ、とも思うのですが、やはり、ブログの特長も活かして読みやすくするために、やわらかく出来るところはやわらかくした方がいいんだよなぁ、と

(今日の投稿は、自分なりにかなりやわらかくしたつもりなのですが...、さて、どうでしょうか? 何かアドバイスがあったらお願いします!)

あと、同じ興味を持っている人のブログにコメントを残したりして、他のブログと交流する、ということも大事のようですね。私は、これまで友人のブログしか見てこなかったので、この辺りは開拓していかないと。

それから、読者に質問したり、問題提起したりして、コメントしやすい環境づくりも大事とのことです。これは、コメントの多いブログを参考にしていこうと思います。(やはり、真面目そうでコメントしづらいんでしょうか?)

そして、できれば、ゲスト寄稿者にも登場してもらう、というのもやってみたいです。

また、フェイスブックなどのソーシャル・ネットワークとも連動させるといいみたいですが、私は、まだこの辺りまでは、手が出せそうにないです。もし始めたらまたお知らせします。

テクニカルな部分では...
一旦ウェブ上に出た内容を訂正する時は、こんな風に→訂正箇所が分かるようにする
同じトピックで追加情報がある時は、新しい投稿をするより、オリジナル投稿に[追記]する
有益な情報がある場合には、リンクをどんどん貼る
などでしょうか。

これまで、ウェブ上に出してしまった後に「あ、ここの言い回し、ちょっと変えとこう」くらいな軽い感じで、結構、内容を変更していたんですよね。やはり、公に出す前に、もっとしっかり読み直さないとだめよなぁ、と気を引き締めさせられました。

さぁ、なるべく定期的に、毎日とは行かないかもしれませんが、週に最低2〜3回の更新を目指していきます!

[追記] こういうことを取り上げてほしい、ということもあったら、ぜひお知らせください!


◇◆◇◆◇
ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックをお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

0 件のコメント:

コメントを投稿