妊娠・出産・産後に関するお役立ち情報は、特に2012年に書いたものが多いため、古くなってくるものもあります。
あくまでご自身のリサーチの出発点として受け取って頂けると幸いです。

2012年3月9日金曜日

産後お役立ちアイテム〜アメリカ・ベイエリア編〜

今日のトピックも、軽く! 産後お役立ちアイテムです。
ドゥーラの観点からと、シリコン・バレーで開催している妊娠サポート・グループの参加者からのご提案です。


〜日本から持って来て良かったもの〜 [追記5/8/2014]たいがいのものはアメリカでも購入できると聞いています。
  • 前開きの赤ちゃん用肌着・・・首がすわっていない時期に着せやすいです。アメリカはTシャツ・タイプが主流です。[追記12/13/2014]アメリカでも、こちらのサイトでkimonoで検索するとたくさん出てくるという情報頂きました。
  • ガーゼ・ハンカチ・・・沐浴やげっぷの時などに使用。
  • 赤ちゃん用綿棒(細軸)・・・アメリカのは太い! です。(ただし、アメリカでは、あまり綿棒の使用は勧められていないと思いますから、主治医の先生とご相談ください。)[追記5/8/2014]妊娠サポートグループ参加者からダイソーで購入できると聞いています。
  • 寒さ対策用の腹巻きや授乳用キャミソール
  • 赤ちゃんの成長記録ノート・・・日本語だと書きやすいです。
  • ミニ選択版・・・汚れやすい赤ちゃんの下着をさっと手洗いできます。木よりもプラスチックの方が滑りが良くて使いやすいというご意見もありました。
  • 哺乳瓶+乳首・・・サポートグループ参加者からは、乳頭混乱を防ぐために、ミルクが簡単に出てこない「母乳相談室」や「母乳実感」などを薦めて頂きました。アメリカのブランドは把握していませんが、選び方の基本は二つ、(1) ミルクが簡単に出てこないこと、そして、(2) 赤ちゃんが乳首部分だけをくわえないように、乳首部分と乳輪部分の間のくびれが深くないものが良いと聞きます。大抵のママは十分母乳が出ますので、必ずしも、買っておく必要はないとは思いますが、いざという時に、ミルク(formula)も含めて、どこに売っているか、何を買ったらいいのか、特に買い出しに行かれるであろうパートナーの方が把握されておくと良いと思います。[追記5/8/2014]妊娠サポートグループ参加者からLanshinohから出ているmOmma bottleが「母乳実感」と同じということを伺いました。アマゾンで購入できるようです。
  • [追記 7/9/12] 赤ちゃんのウンチを洗い流すスプレー。こちらで売っているそうです。下に出てくるPeri Bottleを使って洗い流しているお母さんもいるようです。
〜その他、お役立ちアイテム〜
  • 泡のボディ・ソープ・・・こちらの製品などがあります。赤ちゃんを一人でお風呂に入れる時に便利だそうです。流しやすい、ということかもしれません。
  • Wipe Warmer・・・お尻拭きを温めるものです。
  • 授乳ケープ・・・人目を気にせず、どこでも授乳できますよね。ベビザラスや、パロアルトならDay Oneなど、いろいろな所で売っているようです。
  • Sitz Bath・・・お尻のお風呂です。会陰の辺りの痛み、温めると和らぎます。薬局やアマゾンなどで手に入ると思います。
  • [追記 4/11] ラノリン・クリーム・・・乳頭ケアに使用します。こちらの製品が良く使われています。
  • 授乳パッド・・・こちらの製品を薦められたことがあります。
  • Peri Bottle・・・病院でもらえますが、トイレの後に温水を入れて洗い流します(ママ用の簡易ウォシュレットです)。
  • [追記 4/20] Stain Remover・・・洗濯前に付けておくと、汚れがきれいに落ちるそうです。
  • [追記 5/15] Witch Hazel Pads・・・産後の会陰ケア用。凍らして、または、冷やして会陰に当てると痛みが和らぎます。
また何かアイデアがあれば、随時、追記します。また、ベビーカーや抱っこ紐、ベビーベッドの選び方、お薦めも、また別の投稿で書きたいと思います。

皆さんも、何かお薦めのアイテムがありましたら、ぜひ教えてください! 
また、こんなトピックで書いてほしい、ということも随時お待ちしています!

[追記] 関連投稿の出産お役立ちアイテム〜アメリカ・ベイエリア編〜は、こちらをクリックください。
[追記 3/15] 関連投稿の産後お役立ちアイテム〜アメリカ・ベイエリア編〜は、こちらをクリックください。


◇◆◇◆◇
ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックをお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

0 件のコメント:

コメントを投稿