妊娠・出産・産後に関するお役立ち情報は、特に2012年に書いたものが多いため、古くなってくるものもあります。
あくまでご自身のリサーチの出発点として受け取って頂けると幸いです。

2012年3月18日日曜日

ゲスト寄稿No.1(白田智恵美さん)〜イスラエルでドゥーラ(出産付添人)になったきっかけは?!〜



イスラエル・ゲデラ在住のドゥーラ、白田智恵美さんからのゲスト寄稿です! イスラエルでのドゥーラ&お産事情、興味津々です! 今回は、ドゥーラになったきっかけと近況を教えて頂きました。

ドゥ-ラになったきっかけ


ある日のニュース「男性のドゥーラが、クライアントの妊婦へのワイセツ行為で捕まる!!!」が、きっかけ。


ドゥーラって何?


それまでは、「ドゥ-ラ」なんて言葉も知りませんでした。
友人に聞いても、イマイチよくわからず。
助産師の仕事と違うの? 産婦に付き添うって、看護師の役目よねー?


たまたまインターネットで検索したら、家の近くの市民スクールでコースが開催。
何となく話を聞きにいって、そのまま週一回の夜間コース受講を決心!


看護師として、妊娠・出産については知識があると思っていたのですが、コースでは、無知を思い知らされることが多々。私が勉強した当時の日本の出産現場では、ルーチン・ワークによるマネジメントが多く、主役であるはずの産婦さんはおざなり。


でも、私たち女性の身体には子供を生む力、能力が備わっていること。
出産が、子供とその家族の未来にも影響を与えること。
何よりも母なる自然のすばらしさと、面白さに目覚めて、10ヶ月にわたるコースはあっという間に終了。2回の出産付き添いを経て、無事バース・ドゥ-ラとして認定されました。


ドゥーラのコースがとても面白かったので、そのままマタニティ・コース・インストラクター、母乳育児インストラクターと、今も同じスクールでトレーニングを続けています。

現在の活動状況と今後の予定


先月から本業の仕事を週4日に減らして、ドゥーラとしてのマーケティングを始めました。今のところ4月と、5月に一件ずつ出産付き添いの予定が入っています。認定以降、本業の関係でお産の付き添いはしていなかったので、新しい気持ちで取り組もうと思っています。


認定前までは、専業にしてやっていこうと思っていたのですが、現実としてドゥーラだけでやっていくのは経済的にきついですね。
回数をこなすにしても、こんどは体力が持つかどうかわからない。
とりあえず、ある意味趣味の範囲の副業として、本業と両立させていこうと思っています。



〜白田智恵美さんのプロフィール〜
埼玉県生まれ。日本で10年間、看護師として新生児・乳児看護に携わる。2001年、イスラエル移住。2011年、LALEDET認定バース・ドゥーラ、同認定マタニティー・コース・インストラクター。2012年、母乳育児インストラクター認定に向けて、同スクールにて受講中。イスラエル人のパートナー、雑種犬とともにイスラエル・ゲデラ在住。
*白田さんのさらに詳しい経歴や連絡先は、「世界の日本人ドゥーラ情報」でご覧頂けます。


ゲスト寄稿して下さる方を随時募集しています! 妊娠、出産、産後に関することなら何でもOK! ご興味のある方は、このブログの主催者・小谷までご連絡下さい。



◇◆◇◆◇
ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックをお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

0 件のコメント:

コメントを投稿