妊娠・出産・産後に関するお役立ち情報は、特に2012年に書いたものが多いため、古くなってくるものもあります。
あくまでご自身のリサーチの出発点として受け取って頂けると幸いです。

2012年4月11日水曜日

失敗?!から学ぶ〜ポテンシャル・クライアントと話がはずまない時〜

私事から入りますが、3月後半、夫が無事、博士号取得のための最終発表(Defense)に合格し、6月には卒業予定です。今後の予定(引っ越しするかどうか)がまだ決まりませんが、5月は確実にベイエリアにいることになったので、それまではドゥーラ(出産付添い)クライアントの予約も受け付けることにしました。

そして、今日は自分へのダメだしです。

ドゥーラ活動1年半目の無料相談にして、初めて、話がはずまない(手応えがない)...という経験をし、予想通り、ご予約は頂きませんでした。ただ、1年半目にして、というのはラッキーな方ではないかと思います。

もちろん、反省点は多々ありますが...ご予約を頂かなかったこと自体は、失敗ではなかったと思います。逆に、そのご夫婦にとってもそうですが、私にとっても良かったと思っています。

とはいえ、うまくいかないと、面接に不合格だったみたいな感覚もあって、しばらくちょっとへこみますね...。でも、これ以上、お互いの貴重な時間をムダにしない、という点で、ここで話が終わって良かったのだ、とも思っています。(復活していますのでご心配なく〜!)

反省点が多々あります、と書きましたが...

実は、しばらく風邪を引いていたのですが、当日はもう人にうつるような状態でなかったため、お会いしに行きました。でも、やっぱり、病み上がりはダメですね〜。あまり、ドゥーラらしい話し方ができていなかったです。

というのも、こちらばかりベラベラ話しすぎて、先日の投稿で書いたように、相手の話を聞く、ということが全くできていませんでした。終わってみて、相手のことがほとんど分かっていない...ということに愕然としました。これはダメダメです。

そして最後、話が盛り上がっていない(つまり、私のサービスに対してあまり興味なさそう)と感じたので、「ドゥーラなしでも、パートナーの方ががんばってお産を乗り越えられる方もたくさんいらっしゃいますよ」というようなことをお伝えしました。

いや、ちょっと、言い過ぎだったかな?! これは、失敗?! やけっぱち?! だったかもしれません。ドゥーラ効果を広めるべき立場だというのに、ドゥーラ業界に申し訳ないことをしてしまいました。

もちろん、ドゥーラがいなくてもお産は乗り越えられる、というのは本当です。

ですが! 

ドゥーラには良い効果がたくさんあって、健康/医療分野の研究の系統的なレビューを行っているコクラン・レビューも、全ての産婦さんが継続的なサポートを受けるべきで、一定の訓練を受けた(つまり、ドゥーラのような)人からのサポートが最も効果がある、としています。

良い効果とは、具体的には
  • 帝王切開や補助分娩などを伴わない自然分娩をする確率が高くなる
  • 鎮痛剤の使用率が低くなる
  • 満足度が高まる
  • 分娩時間が少し短縮される
  • 新生児のアプガー・スコアが低くなることが少なくなる
といようなことです。
やはり、この辺りを、無料相談でも必要だと思われたら、さらり、と伝えられるようにした方がいいのかなぁ、とも感じました。

まぁ、もちろん、このような効果を伝えても、気が合うかどうか、という部分も大きいし、私のドゥーラ・サービスに期待をしてくれるクライアントさんをサポートした方が、お互いのためだと思います。

でも、クライアントになる、ならないは別にして、ドゥーラのことをよりよく理解してもらう努力を怠ってはダメですよね。とても良い勉強をさせて頂きました。


◇◆◇◆◇
ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックをお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

0 件のコメント:

コメントを投稿