妊娠・出産・産後に関するお役立ち情報は、特に2012年に書いたものが多いため、古くなってくるものもあります。
あくまでご自身のリサーチの出発点として受け取って頂けると幸いです。

2012年6月10日日曜日

いざお産〜医療スタッフとの英会話例(Part 3: 医療介入の英語・前半)〜アメリカ・ベイエリア編〜

アメリカで初めての出産、英会話をどうするか。
ドゥーラの視点から基本的なところを書いていこうと思います。(最終的には、Part 6くらいまで行くかな? と思います。)


Part 1(病院に行くときの電話例)はこちらをご覧下さい。
Part 2(お産の進行状況を表すのに使われる単語)はこちらをご覧下さい。

今回は、病院にて、医療介入に関する単語などです。


内診
(お産の進行具合を確認するために行われます。)

破水している場合、感染のリスクが高まらないように「破水しているので、内診は避けたい(麻酔を打つ前といきみたくなった時に1回ずつだけ)のですが」とパートナーの方が言いたければ→
Vaginal Exams



Her water has broken, so we’d like to avoid vaginal exams as much as possible. (Maybe once before the epidural, and once before pushing.)


点滴
(促進剤や硬膜外麻酔を使うと点滴は
 避けられません。)


Intravenous (IV) Fluids


血管確保
(促進剤や硬膜外麻酔を使用しないなら、動きやすくするため、血管確保をしてもらって、喉の乾きに合わせて口から水分補給するという代替案です。)



Heparin Lock or
Saline Flush
分娩監視装置

外部モニター
 内部モニター
 (内部モニターの場合は人工破水が
 必要です。)

Electronic Fetal Monitoring (EFM)

 External Fetal Monitor
 Internal Fetal Monitor
断続的な分娩監視
継続的な分娩監視の代替案の一つ。
硬膜外麻酔を使用しないなら、動き
やすくするため、1時間に1015
EFMを使用することも可能。ただし
促進剤や硬膜外麻酔を使うと継続的
な分娩監視は避けられません。
Intermittent Fetal Monitoring


遠隔測定(テレメトリ)分娩監視装置

 ワイヤレス
 防水
(継続的な分娩監視の代替案の二つ目。 硬膜外麻酔を使用しないなら、動きやすくするため、ワイヤレスや防水の装置を頼むことも可能です。)


Telemetry EFM

 Wireless
 Waterproof



◇◆◇◆◇
ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックをお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ


0 件のコメント:

コメントを投稿