妊娠・出産・産後に関するお役立ち情報は、特に2012年に書いたものが多いため、古くなってくるものもあります。
あくまでご自身のリサーチの出発点として受け取って頂けると幸いです。

2012年6月17日日曜日

いざお産〜医療スタッフとの英会話例(Part 4: 医療介入の英語・後半)〜アメリカ・ベイエリア編〜

アメリカで初めての出産、英会話をどうするか。
ドゥーラの視点から基本的なところを書いていこうと思います。(最終的には、Part 6くらいまで行くかな? と思います。)

Part 1(病院に行くときの電話例)はこちらをご覧下さい。
Part 2(お産の進行状況を表すのに使われる単語)はこちらをご覧下さい。
Part 3(医療介入に関する単語など・前半)はこちらをご覧下さい。


今回は、病院にて、医療介入に関する単語などの後半です。




硬膜外麻酔


*麻酔科医が陣痛時に処置をしないようにするために
「先生はこの陣痛が終わるまで待っていてくれるから大丈夫だよ」とパートナーが麻酔科医に聞こえるように言う時→

*硬膜外麻酔を使用すると、付随してくるものは・・・
 点滴
 カテーテル(尿道)
継続的な分娩監視

*可能性が出てくるのは・・・
促進剤(薬名:ピトシン)
 鉗子分娩
吸引分娩
Epidural



The doctor is going to wait until this contraction is over.




 
 IV Fluids 
 Catheter
 EFM (Continuous)


 Augmentation (Pitocin)
 Forcep Delivery
 Vacuum Delivery


硬膜外麻酔以外の薬
経口の薬
 (パニックに陥って痛みに溺れてい
 る時に、頭がふわっとして、リラ
 ックスできる場合もある。お産の
 初期段階で使用される。)



Narcotics







予定日を過ぎて・・・
子宮口の成熟を促す薬の名前


Cervidil (tampon-like pouch)Misoprostol (Cytotec)


予定日を過ぎて・・・
薬の代替案(1)待つ(2)より自然な方法を試す→乳頭マッサージ、
       歩く




Nipple Stimulation
陣痛の促進・・・
人口破水
 
促進剤(薬名:ピトシン)

Amniotomy

Induction (Pitocin)


陣痛の促進・・・
代替案(1)待つ(2)より自然な方法を試す→リラックス、乳頭マッサージ、歩く、ポジション



会陰切開


Episiotomy


帝王切開


Cesarean Section (C-section)



◇◆◇◆◇
ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックをお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ


0 件のコメント:

コメントを投稿