妊娠・出産・産後に関するお役立ち情報は、特に2012年に書いたものが多いため、古くなってくるものもあります。
あくまでご自身のリサーチの出発点として受け取って頂けると幸いです。

2012年6月25日月曜日

いざお産〜医療スタッフとの英会話例(Part 5: 医療介入を提案された時、最良の判断をするための質問)〜アメリカ・ベイエリア編〜

アメリカで初めての出産、英会話をどうするか。
ドゥーラの視点から基本的なところを書いていこうと思います。(最終的には、Part 6くらいまで行くかな? と思います。)

Part 1(病院に行くときの電話例)はこちらをご覧下さい。
Part 2(お産の進行状況を表すのに使われる単語)はこちらをご覧下さい。
Part 3(医療介入に関する単語など・前半)はこちらをご覧下さい。
Part 4(医療介入に関する単語など・後半)はこちらをご覧下さい。

今回は、病院にて、医療介入を提案された時、自分にとって最良の判断をするための質問です


  1. What is it?

  1. Why do we need it? Benefits and risks.

  1. What if we don’t do it?

  1. What are the alternatives?

  1. How long to decide?

*12は、なるべく事前に情報を仕入れておく。

緊急な処置が必要でなさそうな場合、
“Is it necessary?” ではなく
   “We’d rather not to do that, what are the alternatives?” という聞き方をする。



◇◆◇◆◇
ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックをお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ


0 件のコメント:

コメントを投稿