妊娠・出産・産後に関するお役立ち情報は、特に2012年に書いたものが多いため、古くなってくるものもあります。
あくまでご自身のリサーチの出発点として受け取って頂けると幸いです。

2012年12月21日金曜日

アメリカの有害なソファー

少し前にラジオで聞いた情報です。

アメリカで使われているソファーなどの多くには、fire retardant(難燃剤)が含まれており、その化学物質(chlorinated tris又はTDCPP)が、多くの動物実験などで、ホルモン障害、発がん性、神経系の発達障害(IQ低下、注意障害など)につながると報告されているそうです。

この物質は、もともとカリフォルニアの規格(TB117)に準拠するために使用され始めましたが、現在では、全国的にこの物質が使用されているようです。(世界にも広がっていないといいですが...。)

この化学物質は、ほこりとして外に出てくるため(革のソファーでも出てきます)、特に、床に近いところで活動したり、何でも口に物を入れたりする赤ちゃんや小さな子どもに最も影響が大きいとされています。

この規格は見直される方向にあるため、2013年の夏頃までには、安全なソファーを買えるようになるようです。[追記2/24/2014] 2014年2月現在、店頭でfire retardantの含まれていないソファーを買うのはまだ難しいようです。詳しくは、こちらをご覧下さい。 

詳しくは、Green Science Policy Instituteのこちらを(英語)をご覧下さい。[←追記2/24/2014 リンク先を変更しました。]

また同じ団体が、どうすれば、家の中の有害物質を少なくできるか(英語)(HEPA filterの入っている掃除機を使う、手を頻繁に洗うなど)[←追記2/24/2014 リンク先を変更しました。]、すぐに安全なソファーなどを買いたい場合はどうするか(英語)(基本的に、ポリウタレン[polyurethane]の入っていないものがいいようです)などについてもまとめています[←追記2/24/2014 リンク先を変更しました。]。


◇◆◇◆◇
ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックをお願いします。
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

0 件のコメント:

コメントを投稿