妊娠・出産・産後に関するお役立ち情報は、特に2012年に書いたものが多いため、古くなってくるものもあります。
あくまでご自身のリサーチの出発点として受け取って頂けると幸いです。

2012年12月26日水曜日

2012年の締めくくり

今回、おそらく、2012年最後の投稿です。

12月の妊娠サポートグループは体調不良のため、私はお休みさせて頂き、YさんとEさんにお任せしました。

会の後、参加者のお一人に出産準備クラスをする機会があり、サポートグループの様子を聞きましたが、とてもいい雰囲気だったようです。皆さん、ご参加ありがとうございました。

心強いファシリテーター仲間がいて、とても助かりました。Yさん、Eさん、ありがとうございました。

◇◆◇
今回、お休みさせて頂いている時に、ふと思ったことですが、、、

サポートグループは、おおむね、明るい、あるいは、比較的小さな、というか、ノーマルな懸念事項が話題になることがほとんどです。

でも、きっと、この会に参加するに至るまでには、いろいろと辛いことや悲しいことを経験されている方もいらっしゃるはずかと思います。

妊娠・出産は、多くの場合が幸せな経験で終わりますが、そうでないケースもあります。そのような経験者は、このような会では、あえて、その部分に触れられないことが多いです。

でも、いろいろなことがあるのだ、という背景を忘れてはいけないよなぁ、と改めて感じています。

また、もし、そのような話を誰かに聞いて欲しい、という方がいらしたら、どうぞ遠慮なさらずにご相談ください。

ファシリテーターのYさんは心理療法士、Eさんは心理療法士になるべく勉強されている学生さん、私もボランティアですが、ピア・グリーフ・カウンセラーをしています。

◇◆◇
今年も、ドゥーラ活動を通して、多くの方に出会い、充実した一年を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。来年も引き続きどうぞよろしくお願いします。

◇◆◇
追記:学生生活は、科学系の勉強を楽しんでいて、順調に進んでいます。秋学期を終了し、通常の授業はやっていける、という手応えを感じました。

今後は、コミュニケーション能力(説明力)と試験対応のための速読力の向上がさらに必要だと思っています。あとは、医療関係のボランティア活動をすでに厳しいスケジュールに組み込めるかどうか、、、探る必要があると思っています。

◇◆◇◆◇
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ


0 件のコメント:

コメントを投稿