妊娠・出産・産後に関するお役立ち情報は、特に2012年に書いたものが多いため、古くなってくるものもあります。
あくまでご自身のリサーチの出発点として受け取って頂けると幸いです。

2014年3月26日水曜日

お産時の医療プロバイダー選び〜どうやって決めましたか?〜

私事ですが、先月、やっとお産時のプロバイダーを決めました。皆さんはどうやって決めましたか?

私の場合、3人目だし、個人的なお産に対する安心感も高いので、ハイリスクでなければ、実はホームバースがいいなぁ、と思っていました。...が、保険と財政的な問題で、まず、あきらめました。

次に、家からわりと近くて評判のいい産科医を、と思いましたが、その産科医が受け付けている保険にも関わらず、州(つまりオバマケア)を通したプランではダメ、となり...

それでは、仕方なく、個人的にもドゥーラとしてもあまりいい経験はしていないものの、家から一番近いプロバイダーで、ドゥーラに来てもらえばいいや、と開き直り、連絡したところ、こちらも保険でアウト...。

この時点でかなり落ち込みましたが、気を取り直して、

少し家から遠い(フリーウェイを使って健診のクリニックは20分強、病院は約30分)ものの、病院でのお産をする評判の良い助産師さんグループのところに受け入れてもらいました。

この助産師グループの一人は、ドゥーラ・クライアントのお産の時にお会いしたことがあり、自分だったら次はこういうお産がいいなぁ、と思っていたので、最終的には納得しています。経産婦で少し遠いため、10分間隔くらいになったら家を出発かなぁ、と考えています。

ドゥーラも、本当は、プロの人に頼みたいのですが、こちらも現在の財政状況が厳しいため、お産までに何とか夫をドゥーラとして訓練できないものか、と考えています。これが、ちょっと不安材料なのですが...。

6歳の娘は、近所に住む友人が預かってくれそうです。娘は、立ち会いたい、と言っているのですが...、ホームバースであればやりやすいだろう、と思いますが、病院まで連れて行くとなると、やはり、ドゥーラを雇って、夫に娘の面倒を見てもらうか、ベビーシッター同伴で行くか、となり、うちの状況では難しいかもしれません。もう少し考えます。

さて、最終的にはどうなるか...またご報告します。


◇◆◇◆◇
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

1 件のコメント:

  1. Shokoさん

    サンフランシスコ ガイア ボランティアグループのMacoと申します。

    今月16日 「胎内記憶」研究日本第一人者 池川明医学博士 サンフランシスコ 講演会を開催します。

    お越しいただきたいと 切に願います。

    「人生が もっとおもしろくなるヒント」

    「胎内記憶」研究日本第一人者 池川明医学博士 サンフランシスコ 講演会

    阿部昭恵 首相夫人が 池川先生を応援。

    サンフランシスコで、1年前に続き2回目となる 池川明氏のサンフランシスコ講演会が4月16日に
    開催される。今回は、サンフランシスコ、ロサンジェルス、ハワイ講演。

    池川氏は、数々のテレビ、ラジオ出演、著書も多数で、今 日本で引っ張りだこの講演者。

    お母さんのおなかにいたときの記憶を持って生まれる赤ちゃんたちの「胎内記憶」。
    子供達が話してくれた、不思議な世界にみなさんもふれてみませんか。




    日時:2014年4月16日(水)7PM 〜 8:30PM (6:30PM開場)
    会場:Women’s Building
    3543 18th St #8, San Francisco, CA 94110
    (18th St@Valencia St BART 16Th Mission駅4分/バス停#33前)

    チケット: 予約$15 当日 $18
    チケット予約: 電話(415-637-0384)

    主催:サンフランシスコ ガイアボランティアグループ
    http://www.gaiavolunteergroupsf.com/ad.html



    1954年東京都生まれ。池川クリニック院長 医学博士。
    帝京大学医学部大学院卒、上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、池川クリニックを開院。
    1999年より「胎内記憶」に関する研究を始め、国内外の第一人者として知られる。
    その成果を医療の現場に活かし、母と子の立場に立ったお産と医療を実践。
    「胎内記憶」「経皮毒」などをテーマにした講演会・セミナーを、年間数十本講義。
    また、多くのメディアから取材を受けている。

    著書は『胎内記憶』(角川SSC新書)、『ママのおなかをえらんできたよ。』(リヨン社)、『子どもは親を選んで生まれてくる』(日本教文社)など多数。

    返信削除